エステサロンやクリニックなどの医療機関で脱毛を受ける事ができない方もおられます。

 

どのような方がそれに当たるのか以下にまとめてみました。

 

・妊婦の方
施術中の痛みや刺激はストレスとなって母体に悪影響となりますし、お腹の中の赤ちゃんにとっても良くありません。
また施術の痛みで思わず力んでしまい、陣痛を誘発する可能性もあります。
そのため、妊婦の方は脱毛を受けない方が良いのです。
エステサロンやクリニックでは妊娠中は脱毛を一時休止できるところが多いですから、妊娠していることが分かったら一時休止できるかどうか尋ねてみると良いでしょう。

 

・皮膚炎の方
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は少なからず皮膚に刺激を与えます。
皮膚炎の方は症状がより重篤になる危険がありますので、まずは病気を治療してから受けるようにしましょう。

 

・日焼けしている方
日焼けをしているという事は皮膚にメラニン色素が多く溜まっているという事です。
レーザー脱毛もフラッシュ脱毛もメラニン色素に反応するようにできていますから、皮膚に大きなダメージを与える事になってしまい火傷を負ってしまう事になります。
日焼けしやすい方は日焼け対策をしっかりとしておくか、夏場の施術は控えた方が良いでしょう。

 

・生理中の方
生理中はホルモンバランスの乱れからお肌が敏感になっていますので、施術で刺激を与えるようなことは控えるようにしましょう。

 

・光アレルギーの方
太陽光線を浴びるとアレルギー反応を起こす様な方はレーザー脱毛もフラッシュ脱毛も受けない方が良いでしょう。
重篤な状態になってしまいますから、ニードル脱毛などの別の脱毛方法を選択される事をお勧めします。

 

以上のことを踏まえて、安全に脱毛を行ってください。