脱毛サロンで脇のニードル脱毛する?

最近では珍しくなりましたが、今でもニードル脱毛をやっているサロンはあります。

 

これは「ニードル(針)」と呼ばれる細い金属棒を毛穴一個一個に当てていくものです。

 

先端には電気が流れたり、高周波が発生したりで、高温になります。この熱で毛根や毛母細胞といった発毛にかかわる部分を焼いていくのです。

 

メリットとしては、効果が絶大なことでしょう。

 

よく、エステでは今の主流になっている光脱毛(フラッシュ脱毛、IPL脱毛)で、「永久脱毛」を期待する人がいます。が、光脱毛では永久脱毛にはなりません。十年、二十年たてばムダ毛が再び生えてくる可能性は残しています。

 

が、ニードル脱毛ならば、一生大丈夫です。

 

デメリットは、痛いこと。「耐えられずに途中でやめた」という人も少なからずいます。

 

それと料金が高いことと、施術に時間がかかることです。

 

これはどちらも同じ原因からきています。完全な手作業で、毛穴の数だけ、ニードルを正確にそこへもっていく必要があるからです。

 

それだけ時間がかかりますし、その分は人件費などとして反映されてしまいます。

 

また、この作業には熟練が必要です。慣れない人がやると、時間もかかり、痛みも激しいようです。

 

「どうしても、ニードル脱毛でなければ」と考えるのならば、ワキはそれほど悪い部位ではありません。

 

というのは、ワキは比較的、刺激にも強いのです。

 

また、面積も狭めです。長時間の施術にならずに済むでしょう。